入院のご案内

入院のご案内 INDEX

 

 

医療療養病棟

医療療養病棟は、当院が展開する地域医療の核となる病棟です。

外来や他病院からの紹介で入院治療を必要とする方を受入ております。また回復期病棟の対象とならないがリハビリテーションを必要とする方、医療必要度の高い方も入院できる病棟です。病状によっては当日の緊急入院の対応も行っております。

回復期病棟同様に専門職種によるチーム医療を推進し、「病気は治ったけれど動けなくなった」ということがないよう、自宅復帰に向けた支援を行っていきます。
 
内科、整形外科等の各科の医師が協力し、互いの専門性を出し合い、補って医療を提供していきます。
在宅生活に向けたリハビリテーションの提供
個別的・集中的なリハビリテーションの提供

 

回復期リハビリテーション病棟

楽しければ心が動く。心が動けば体が動く。

回復期リハビリテーションとは、急性期治療を終え病状が安定した患者さんに対して行う集中的なリハビリテーションのことです。

日常生活動作能力の向上や寝たきり防止のために、訓練室だけでなく、病棟全体においても様々な訓練を行い在宅への復帰を目指します。
厚生労働大臣の定めた基準(※1)を満たす患者様が入院可能な病棟です。
 
※1:厚生労働大臣の定めた基準を満たす患者とは

疾 患

発症~リハ病院入院まで
回復期リハ病棟入院上限期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷の発症もしくは手術後、義肢装着訓練
2ヶ月以内
150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷
180日
多肢の骨折、大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折もしくは手術後
2ヶ月以内
90日
外科手術、肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術後または発症後
2ヶ月以内
90日
股関節又は膝関節の置換術後の状態
1ヶ月以内
90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後
1ヶ月以内
60日
 
 
専門職種によるチーム医療の推進
医師を中心に多職種(看護師・介護士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・管理栄養士・薬剤師・医療ソーシャルワーカーなど)によりチームを形成し、患者さんを多角的な視点から計画を作成し、在宅復帰や社会復帰に向けてサポートします。患者さん・ご家族を中心とするチームは、それぞれの専門性を発揮し、質の高いサービスを提供していきます。
専門職種によるチーム医療の推進
在宅生活に向けたリハビリテーションの提供
ご自宅での生活をイメージして起床から就寝に至る1日の生活の流れ(食事・整容・更衣・排泄・入浴・移動など)について、チームとして患者さん・ご家族をサポートしております。リハビリスタッフによるリハビリ訓練以外にも、日常生活の中にリハビリテーションの要素を含めて対応していきます。
個別的・集中的なリハビリテーションの提供
個別的・集中的なリハビリテーションの提供
患者さん一人ひとりに対して、土曜・日曜・祝祭日・年末年始を含めた365日体制でリハビリテーションを提供しています。

 

 

 

 

一つ前のページへ戻る

Information

医療法人社団 紫苑会は、静岡県富士市を拠点とした医療グループです。内科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科の内科外来をはじめ、脳神経外科、リハビリテーション科、整形外科、入院の富士きいき病院、健康サポートセンター、通所リハビリテーションふじ、訪問看護ステーションふじ、居宅介護支援事業所ふじを運営しております。医師(メディカルドクター)、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士・医療ソーシャルワーカー・介護支援専門員・薬剤師・診療放射線技師・臨床検査技師など各種の求人も募集しております。
 
 
静岡県富士市の脳神経外科、リハビリテーション科、整形外科、内科、循環器内科 消化器内科、呼吸器内科、健康サポートセンター、人間ドック、脳ドック
富士いきいき病院、静岡県富士市の脳神経外科、リハビリテーション科、整形外科、内科、循環器内科 消化器内科、呼吸器内科、健康サポートセンター、人間ドック、脳ドック