入院のご案内

 一つ前のページへ戻る

 地域包括ケア病棟のご案内

地域包括ケア病棟のご案内
地域包括ケア病棟は、治療、リハビリテーション、看護、各種調整等を受けながら在宅復帰を目指すことを目的とした病棟です。『地域包括ケア病棟の対象者』として、
  • 1手術など集中的な治療等が終わり病状は落ち着いたが身体能力が落ちてリハビリテーションが必要な方、在宅復帰を目指してもう少し経過観察やサービス調整などで入院継続を必要とする方。
  • 1在宅や介護施設で療養中の方で、手術など集中的な治療等は必要ないが、一時的な入院治療を必要とする方、慢性疾患により身体能力等が低下し集中的なリハビリを必要とする方、介護保険の短期入所を利用することが難しい方で、患者さんの状態チェックを兼ねてご家族の負担軽減を必要とする方など。

がご利用できます。「治療はしたけど体の動きが悪くなった」、「体調が悪くて入院できないか」などお困りのことがあればまずは担当窓口までご相談ください。
入院の申込方法について
 
他の医療機関にご入院中の方
 
入院されている病院の退院支援担当者にご相談ください。
病院より申込書等の書類を当院に送付していただきます。
 
 
病院より紹介状等の申込書類を富士いきいき病院医療連携室に送付し、入院判定会
 
 
入院判定会通過後にベッド調整。調整終了後にご連絡のうえ入院決定。
   
 
自宅や介護施設利用中の方
 
かかりつけ医から紹介状を頂き、当院外来へ受診。
外来担当医により入院の可否の判断を行います。
かかりつけの先生から紹介状を頂くことが難しい場合は、
当院担当窓口にご相談ください。
 
 
入院対象の場合状況により当日入院。予約の場合は指定日に入院となります。
   
入院期間について
 
入院期間については、主治医の判断となります。地域包括ケア病棟における入院期間は最長60日が限度ですが、入院期間は患者さんの病状や状況により変化します。
病棟スタッフについて
 
医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護職、医療ソーシャルワーカー、歯科衛生士、薬剤師、管理栄養士等の専門職種によるチーム医療を推進し、「病気は治ったけれど動けなくなった」ということがないよう、自宅復帰に向けた支援を行っていきます。
入院費用について
 
入院費は健康保険を使用することができます。(介護保険は使用できません)
入院費用につきましては、年齢や所得、入院期間に応じて異なります。限度額適用認定証や低所得による減免制度をご利用できる方については、各保険担当窓口に申請のうえご用意ください。
   
 
【4人部屋 入院費用月額概算
 
医療費+食費+居住費(65歳以上の方)+生活療養費 オムツ代・個室料は除く
 
区  分
地域包括ケア病棟
一般の方(69歳以下)
17万~34万円程度
70~74歳
(高齢受給者)
2割負担
14.5万円程度
3割負担
18万~34万円程度
75歳以上
(長寿医療)
1割負担
14.5万円程度
3割負担
18万~34万円程度
 
限度額適用認定証(対象者のみ)を提出していただきますと自己負担限度額を超える医療費の支払いが必要なくなります。

※個室を希望される場合には、別途個室料が必要となります。
個室代 トイレ無:5,000円(税別)1日につき トイレ付:7,000円(税別)1日につき

※オムツ代や洗濯代(業者に依頼した場合)等が別途かかります。
リハビリテーションの体制について
 
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のリハビリスタッフが在籍しています。回復期リハビリテーション病棟と比較して短い時間でも効果的な訓練ができるように日々努力しています。

地域包括ケア病棟では医療必要度が高い方、急性期、回復期、慢性期にあたる方、様々な内科系の疾患や整形疾患、脳血管疾患など患者様の病態は多岐にわたります。そのため患者さんの病態に合わせたリハビリを提供しています。

これまで当たり前であった1対1の個別リハビリも主治医の判断により提供していきますが、生活行為に即した「POC(Point Of Care)リハビリ」や集団リハビリなどにも力を入れ、なるべく活動している時間を増やすことで、寝たきりによる廃用症候群を予防する努力をしています。

また、必要があればベッド上での安静が必要な方にもリハビリを実施していることも特徴です。
地域包括ケア病棟受入実績病名
 
嘔吐・めまい・下痢・脱水・熱中症・尿路感染症・食思不振・うっ血性心不全・蜂窩織炎・肺炎・呼吸不全・胸水・胆嚢炎・高血糖・低ナトリウム血症・踵骨骨折・橈骨遠位端骨折・下腿骨骨折・胸腰椎圧迫骨折・化膿性椎間板炎・変形性脊椎症・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・脳梗塞・深部静脈血栓症・低栄養など
尿路感染症・食思不振・うっ血性心不全・蜂窩織炎・肺炎・呼吸不全などは当院地域包括ケア病棟入院として多い病名になります。
地域包括ケア病棟のホール・病室
 
 
地域包括ケア病棟の入院に関するご相談については、医療連携室または内科外来までご連絡ください。
 
ご入院中の方
 
相談受付窓口
医療連携室
電話番号
0545-73-1926(医療連携室直通)
 
在宅療養中の方
 
相談受付窓口
医療連携室・内科外来
電話番号
0545-73-1926(医療連携室直通)
0545-73-1918(内科外来直通)
   
 
問合せ日時
平日:午前8時30分~午後5時30分
休み
土日祝祭日:年末年始(12月29日~1月3日)

 

 

一つ前のページへ戻る

Information

医療法人社団 紫苑会は、静岡県富士市を拠点とした医療グループです。内科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科の内科外来をはじめ、脳神経外科、リハビリテーション科、整形外科、入院の富士きいき病院、健康サポートセンター、通所リハビリテーションふじ、訪問看護ステーションふじ、居宅介護支援事業所ふじを運営しております。医師(メディカルドクター)、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士・医療ソーシャルワーカー・介護支援専門員・薬剤師・診療放射線技師・臨床検査技師など各種の求人も募集しております。
 
 
静岡県富士市の脳神経外科、リハビリテーション科、整形外科、内科、循環器内科 消化器内科、呼吸器内科、健康サポートセンター、人間ドック、脳ドック
富士いきいき病院、静岡県富士市の脳神経外科、リハビリテーション科、整形外科、内科、循環器内科 消化器内科、呼吸器内科、健康サポートセンター、人間ドック、脳ドック